ABOUT  US

1924(大正13年)法人化。

椀などの実用小物が中心だった業界で、弊社はインテリアに積極的に挑み、新風を起こしてきました。

​現在は『なんでもやってみる』のチャレンジ精神で多様な作品に挑戦し、輪島塗師屋の対面販売の基本を忘れずに前を見続けています。

できる限り実際に手に取って、納得して頂くこと。

誰が、どの人に会ったか実感のあるお買物をして頂くこと。

これが私どもの信念です。

遠方のご注文でもしっかりとご説明し、ご納得頂いてから納めさせていただくよう努力しております。

画像より実物が多弁であることが多いのは事実です。​

これがオンライン店舗を持たないようにしてきた所以でもあります。​

これからも、ひとりひとりの声に耳を傾け、何事にも頭をひねり、しっかりと人を『活かす伝統』の一端を担ってゆきます。

沿革

 

大正某期     音雄、五島屋漆器店に弟子入り、婿養子となる 

         以前の資料は口伝のみのため消失

大正13年(1924)五嶋音雄により輪島漆器製造販売業として商号登記

         漆器組合理事として業界に貢献

昭和39年(1964)五嶋耕太郎が事業継承

         従来品から脱却し、いち早く家具調度品部門を創造する

         三越、そごう、高島屋、松坂屋など百貨店展開を急速に全国展開

昭和47年(1972)法人登記し、株式会社五島屋とする

         地上7階地下一階(地下は現在埋設)工場兼店舗の社屋建設

平成15年(2003)五嶋躍治が社長就任、現在に至る

ABOUT 

WAJIMA LACQUERWARES.

輪島塗は、一に実用、二に美しさ。

下地塗りがしっかりしていること、これが輪島塗の大きな特徴の一つです。

そのため、傷ついた層まで戻って、美しく生まれ変わらせる、「なおしもん」ができます。

木地までバックリ割れてしまうと新しく作ることになりますが、下地までの傷ならば、治せます。

抗菌、抗酸で、遮熱性が高く、日ごろ使う分では大変丈夫。

使うことに意味がありますから、どんどん使って下さい。

味が出て、使いヅヤが増します。

​電子レンジと食洗機だけはご勘弁願います。

見えない座卓の裏までもしっかり仕上げるのが五島屋の特徴でもあります。​よって長年お客様からご好評を頂いており、

おかげさまで2024年で法人化百周年を迎えます。

豊かな想像力と筋の通った理念によって創られた輪島塗を、

これからも皆様にご提供し続けてゆきます。

ご注文・お問い合わせは、お電話メールでどうぞ。

​NEAT & TOUGH BEAUTY.

追々にしてよい手仕事は職人の一生をかけて行い、時を注ぎ、一方で作業も多いですから、品物の価値は高くなります。

 

特に伝統工芸と呼ばれる、無形重要文化財指定の輪島塗では、124工程以上もの膨大な作業と、張りつめた空気の中、真剣に品物と向き合わなければなりません。

機械ですればいいのでは、と仰る方もおられるかもしれません。ですが、熟練した人間の感覚は、どの機械よりもかゆいところ、難しいところに手が届きます。また、人間の手は意思を宿せます。そこに機械よりも手が勝る理由があります。

きっちり仕上げるからこそ、長く、そして強く人と寄り添う実用美術品が世に送り出されて行き、お客様の元へ届けることができるのです。

    

​輪島漆器商工業協同組合員

美術漆芸苑

ショールーム​ 〒928-0001 石川県輪島市河井町2-161-2 9:00‐16:30 T. 0768-22-5051 F. 0768-22-5066 Ⓟ2台
二勢工場   〒928-0031 石川県輪島市二勢町118-6  8:30‐17:30 (代) 0768-22-5151 F. 0768-22-5154 Ⓟ5台

​サイトマップ